住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローンの商品知識「住宅ローンの審査項目:勤務形態と勤続年数」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローンの商品知識「住宅ローンの審査項目:勤務形態と勤続年数」

[こちらのコラムでは住宅ローンの商品知識についてご案内します。]

住宅ローンの審査項目:勤務形態と勤続年数

勤続形態というのは、「正社員」「派遣社員」「自営業者」といったことを指します。

住宅ローンは一般的には「正社員」「自営業者」「会社経営者」が申込み可能です。

しかし、派遣社員の方でも、最近では申込み可能な金融機関ができてきました。

そして、勤務年数という項目の意味ですが、これは収入の安定性を考慮するためにあります。

サンプルでは2年以上となっており、転職直後は民間金融機関では融資が受けにくい傾向があるとご理解ください。

親会社から関連会社へ出向・転籍した場合、関連会社での勤務年数ではなく、親会社入社時からの通算の勤務年数を採用するのが一般的です。

最近では、外国籍の方の住宅ローン申込みも徐々に増えてきていますが、住宅ローンは「日本に住むための住宅に対する融資」ですから、外国籍の方は日本国籍の取得、永住許可を受けているということの証明が必要です。

>>>トップページはこちら

住宅ローンの商品知識

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

目次

トップページ
住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
住宅ローンの口コミ/評判一覧
住宅ローン審査の基本
間違いだらけの住宅ローン選び
住宅ローンの基本
住宅ローン審査攻略のポイント
住宅ローンの商品知識
失敗しない住宅選び
住宅関連ニュース
住宅ローン金利ニュース
お問い合わせ
PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





引越し一括見積もり

PAGE TOP
PAGE TOP