住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローンの商品知識「住宅ローンのつなぎ融資」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローンの商品知識「住宅ローンのつなぎ融資」

[こちらのコラムでは住宅ローンの商品知識についてご案内します。]

住宅ローンのつなぎ融資

マンションや建売物件といった完成物件を購入する場合と、注文住宅を建築する場合では資金繰りが異なります。

いずれのケースでも、金融機関から実際の資金を受け取るのは物件が完成したときですが、注文住宅の場合は、建築期間中(着工時・中間期など)に建築会社が資金を徴求することがあります。

手元資金でまかなえれば問題ありませんが、手元資金がない場合は金融機関から融通します。その際利用するのが「つなぎ融資」です。最近では「分割融資」という形態で対応する金融機関が増えています。

土地を購入し、その上に注文住宅を建築するといった場合は、土地だけ先行して融資を実行する場合と、土地と建物の融資を同時に実行する場合があります。土地と建物の融資を同時に実行する場合も、建物の融資を実行するまでの間、土地代 金に関してはつなぎ融資を利用します。

このつなぎ融資は取り扱わない金融機関もありますし、取り扱う場合も融資金額の上限、支払回数などは金融機関ごとに異なります。建築する会社の指定する期間につなぎ融資が可能でなければ、資金繰りが立ち行かず建築ができません。

金利の高い、低い以前につなぎ融資が可能か、自分が建築する施工会社の資金繰りに合わせて融資ができるかといった点を確認しましょう。

つなぎ融資は原則、団体信用生命保険への加入を求められます。返済に関しては元金の返済は行わず利息だけを支払い、住宅ローン実行時に元金を一括返済(住宅ローンより資金調達)します。

そのため、住宅ローンを利用する金融機関につなぎ融資の申込みを行うこととなります。なお、このつなぎ融資の金利に関しては、変動金利で金利引き下げのない店頭金利での利用が一般的です。

フラット35を利用する際一部金融機関は月初など住宅ローンの実行ができない日を指定していることがあります。その実行ができない期間に引き渡しを受ける際や、新住所での登記がすむまでの聞はつなぎ融資を利用することになります。

また一戸建て住宅を扱っている大手不動産会社の一部は、非提携ローン利用時に登記の関係でつなぎ融資を利用することもあります。

>>>トップページはこちら

住宅ローンの商品知識

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

目次

トップページ
住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
住宅ローンの口コミ/評判一覧
住宅ローン審査の基本
間違いだらけの住宅ローン選び
住宅ローンの基本
住宅ローン審査攻略のポイント
住宅ローンの商品知識
失敗しない住宅選び
住宅関連ニュース
住宅ローン金利ニュース
お問い合わせ
PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





引越し一括見積もり

PAGE TOP
PAGE TOP