住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローンの商品知識「住宅ローンと団体信用生命保険(2)」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローンの商品知識「住宅ローンと団体信用生命保険(2)」

[こちらのコラムでは住宅ローンの商品知識についてご案内します。]

住宅ローンと団体信用生命保険(2)

団体信用生命保険は、保険金の支払事由を「死亡・高度障害」としていて保険料は多くの場合で金融機関の負担となっています。近年では保障範囲を「死亡・高度障害」に加え、「がん」「三大疾病」「八大疾病」「八大疾病以外の病気やけが」「要介護状態」まで拡大した商品が開発されています。

その際は、保障の拡大範囲によって金利を0.1%から0.4%上乗せすることになります。

一部、金利上乗せなしで保障が拡大される金融機関もあります。

また、健康状態により一般の団体信用生命保険に加入できない方向けに、引き受け条件を緩和した「引き受け緩和型団体信用生命保険(ワイド団信)」という商品も開発されてきました。

0.1%〜1%程度の上乗せで、融資を受けられる可能性が高まります。

なお、住宅金融支援機構の住宅ローン「フラツト35」は、団体信用生命保険への加入は強制でなく任意です。住宅金融支援機構の用意している団体信用生命保険(機構団信)に加入する場合は、これまでは毎年の借入残高に一定の保険料率をかけた保険料を年払いで支払う形でしたが、制度変更により民間住宅ローンと同様に毎月の住宅ローン返済と一緒に保険料も払えるようになりました。

>>>トップページはこちら

住宅ローンの商品知識

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

目次

トップページ
住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
住宅ローンの口コミ/評判一覧
住宅ローン審査の基本
間違いだらけの住宅ローン選び
住宅ローンの基本
住宅ローン審査攻略のポイント
住宅ローンの商品知識
失敗しない住宅選び
住宅関連ニュース
住宅ローン金利ニュース
お問い合わせ
PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





引越し一括見積もり

PAGE TOP
PAGE TOP