住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン審査攻略のポイント3「銀行の指定する保証会社の審査に通る」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン審査攻略のポイント3「銀行の指定する保証会社の審査に通る」

こちらのコラムでは住宅ローン審査攻略のポイントをご案内します。
事前に知っておくのと知らないのとでは、審査結果が大きく変わってきますから、しっかり準備しておきましょう。

3つ目の攻略ポイントは「銀行の指定する保証会社の審査に通る」です。


審査攻略のポイント3:銀行の指定する保証会社の審査に通る

保証会社というのは正直、よく分からない仕組です。


住宅ローンにおける保証会社の役割というのは、自分の保証人になってくれるわけですね。もし仮に借入人が返済できなくなった場合には保証会社が代わりに払ってくれることになります。


それだけ聞くと結構な仕組と思うかもしれませんが、団体信用生命保険と違い、保証会社は返済を許したり、減免したりしてくれません。借入人から見れば、返済する相手が銀行から保証会社に代わるだけで、返済を続けないといけないことには変わりはないのです。


そういう意味ではまさに銀行のためにあるような制度で、借入人には何のメリットもないのですが、なぜかその保証料を借入人が支払わないといけません。


さらにその保証会社というのは通常は銀行系列の保証会社です。借入人から見れば銀行も保証会社も同じグループの、いわば一体のようなもので、そのグループ内の保証関係に借入人が手数料を払わないといけないという、なんともヘンテコな制度になっています。


しかも繰り返しになりますが借入人には何のメリットもありません。


加えて、その保証料というのが結構高いですね。3,000万円×30年の借入れの場合、保証料は60万円を超えてきます。実質的に借入れ金額の2%になるわけですね。これは結構な金額です。


最近ではそういう、意味不明な保証制度を使わない銀行も増えてきました。「保証料不要」をうたう銀行はおおむね、保証会社ではなく自分自身がしっかり審査をし、リスクをとって貸し出しを行っています。だんだんそういう流れになっていくのではないでしょうか。


しかしながら今のところ大手銀行では、ほとんどの場合、保証会社を利用しないといけません。そういう場合、実質的に保証会社が貸し出しのリスクをとることになるので、保証会社の審査を通る必要があります。


ただ実際には銀行と保証会社は一体で運営されていますので、銀行の審査=保証会社の審査です。特に保証会社の審査を意識する必要はありません。銀行の審査を通ること=保証会社の審査を通ること、と考えておけばよいでしょう。

>>>トップページはこちら

住宅ローン審査攻略のポイント

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

目次

トップページ
住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
住宅ローンの口コミ/評判一覧
住宅ローン審査の基本
間違いだらけの住宅ローン選び
住宅ローンの基本
住宅ローン審査攻略のポイント
住宅ローンの商品知識
失敗しない住宅選び
住宅関連ニュース
住宅ローン金利ニュース
お問い合わせ
PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





引越し一括見積もり

PAGE TOP
PAGE TOP