住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン審査の基本「信用情報の確認」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン審査の基本「信用情報の確認」

[こちらのコラムでは住宅ローン審査の基本についてご案内します。]

信用情報の確認

銀行はもちろんのこと、クレジットカードや消費者金融に携わる企業は、その顧客の利用状況(信用情報)を、専門の信用情報登録機関に登録することが義務づけられています。

各金融機関は信用情報登録機関とオンラインで結ぼれているので、住宅ローンの申込みを受けると、最初にこの信用情報の確認を行います。安全な融資を実行するために、今回申し込む住宅ローン以外に他の借入れはないのか、ある場合はきちんと返済をして いるのかといった情報を確認しています。

住宅ローン審査においては、「個人情報利用に関する同意書」に借主が署名もしくは捺印をし金融機関は真っ先にその信用情報を確認します。

この信用情報は、借主の延滞といった事故情報を入手したり、過剰貸付け、多重債務の防止などに利用します。延滞が発生した場合、すべてが情報として登録されるかというと、そうではありません。

一般的には、延滞が3ヶ月以上続いた場合や複数回発生した場合に登録されます。

最近は各種ポイント、マイルを貯めるために積極的にカード利用をする方がいらっしゃいますが、それらも住宅ローン審査に影響するという認識が必要です。それこそ、数千円の年会費と携帯電話代がたまたま引き落としできなかったがために、住宅ローンが利用できない可能性もあります。

住宅ローンの申込書欄には「他金融機関からの借入れ」を記入する欄があり、借主の申告と実際の借入れに相違がないのかも確認しています。もし、申込書の申告と実際の借入れが大きく相違するような場合は虚偽申告として扱われ、最悪の場合は否決となります。この個人情報は過去の勤務先も登録されているので、転職歴や勤続年数が判明する可能性もあります。

過去の借入れや他の借入れ、勤続年数などは金融機関側でも調べられるので、申込書には相違なく記入しましょう。

この信用情報の確認は、原則事前審査時と本申込時に行われますが、金融機関が必要と判断した際は、金消契約時にも行われることもあります。

>>>トップページはこちら

住宅ローン審査の基本

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

目次

トップページ
住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
住宅ローンの口コミ/評判一覧
住宅ローン審査の基本
間違いだらけの住宅ローン選び
住宅ローンの基本
住宅ローン審査攻略のポイント
住宅ローンの商品知識
失敗しない住宅選び
住宅関連ニュース
住宅ローン金利ニュース
お問い合わせ
PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





引越し一括見積もり

PAGE TOP
PAGE TOP