住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン審査の基本「従来の住宅ローンプランニングの問題」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン審査の基本「従来の住宅ローンプランニングの問題」

[こちらのコラムでは住宅ローン審査の基本についてご案内します。]

従来の住宅ローンプランニングの問題

住宅ローン返済を考えるにあたって考えるべきは金利よりも利息です。この金利と利息の違いを理解することは、住宅ローン返済プランを立てるのに有益です。

「金利と利息の違い」は、馴染みがないので少々わかりにくいかもしれませんが安心してください。算数ができれば十分です。

具体的に比較をしてみましょう。4000万円/35年返済として変動金利0.775%と全期間固定2.3%で返済額を比較します。変動金利の返済額は10万8768円。一方全期間固定のほうは13万8746円となり、約3万円の差があります。

返済額は金融機関のホームページなどでも試算できるので、誰でも簡単に算出できます。その返済額には利息と元金が含まれています。

では1回目の利息と元金を確認してみると、変動金利の1回目の支払利息は2万5833円です。10万8768円からその金額を引いた8万2935円が、実際の借入返済(元金)に回ります。では、全期間固定金利の利息はいくらになるでしょう。

ひと月3万円多く返済するのですが1回目の利息は変動金利よりも5万円以上も多い7万6667円です。そして元金に充当するのは、残りの6万2079円になります。返済額が多くなるのに実際の借入れの返済(元金)は2万円も少なくなります。

たった1回の返済でもこれだけ負担が異なるにもかかわらずこの点を欠落させてきたことが、従来の住宅ローンプランニングの大きな問題といえるでしょう。

>>>トップページはこちら

住宅ローン審査の基本

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

目次

トップページ
住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
住宅ローンの口コミ/評判一覧
住宅ローン審査の基本
間違いだらけの住宅ローン選び
住宅ローンの基本
住宅ローン審査攻略のポイント
住宅ローンの商品知識
失敗しない住宅選び
住宅関連ニュース
住宅ローン金利ニュース
お問い合わせ
PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





引越し一括見積もり

PAGE TOP
PAGE TOP