住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン審査の基本「自営業者の節税対策と審査」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン審査の基本「自営業者の節税対策と審査」

[こちらのコラムでは住宅ローン審査の基本についてご案内します。]

自営業者の節税対策と審査

各種節税対策を行っている自営業者の方はいらっしゃいますが、それは所得を減少させることにつながるので住宅ローン審査においては不利な要素となります。

住宅ローン審査は書類で実施するため、有利に進めるためには3年計画でより正確な申告が求められます。なお、青色申告控除に関しては、実際の支出ではないのでその面はプラスとして判定できます。家族を専従者として専従者給与を支払っている場合は、専従者給与額を本人の所得に加算することが可能です。この場合は直近3年の平均値もしくは最小値を採用します。

補足情報ですが、現在自宅兼事務所という形態で賃料を経費として支払っている場合、新しい自宅を建築し以前と同様に自宅兼事務所とするのであれば、今後その賃料が発生しなくなるので、現在支払っている賃料を所得として割戻しができることがあります。

審査の際、金融機関に確認をするようにしてください。また、事業用の借入れについては返済比率に加味するのが一般的ですが、一部それを除外する金融機関もあります。会社経営者の場合、その収入は主宰会社の業績に左右されるため、自営業者同様会社勤めの方たちよりも審査が厳しいという見方ができます。本人の収入はもちろんですが、会社の業績の安定性が問われます。会社の業績の安定性を説明できれば、本人の収入の安定性も担保できるということになります。

>>>トップページはこちら

住宅ローン審査の基本

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

目次

トップページ
住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
住宅ローンの口コミ/評判一覧
住宅ローン審査の基本
間違いだらけの住宅ローン選び
住宅ローンの基本
住宅ローン審査攻略のポイント
住宅ローンの商品知識
失敗しない住宅選び
住宅関連ニュース
住宅ローン金利ニュース
お問い合わせ
PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





引越し一括見積もり

PAGE TOP
PAGE TOP