住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン審査の基本「信用情報と住宅ローンをめぐる問題」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン審査の基本「信用情報と住宅ローンをめぐる問題」

[こちらのコラムでは住宅ローン審査の基本についてご案内します。]

信用情報と住宅ローンをめぐる問題

この信用情報に関しては、トラブルが発生しています。

そのトラブルの原因が私たちに身近な「携帯電話」の場合があり、経済産業省でも注意喚起をしているほどです。

「なんで住宅ローンを借りるのに携帯電話が関係するの?」と思う方もいらっしゃるでしょうから、少し解説します。

最近皆さんは携帯電話の申込みを行いましたか?

近年では、携帯電話の本体代金を一括払いではなく24ヶ月に分割して支払うのが当たり前のようになっています。この携帯電話を分割払いで購入するということは、割賦販売法における「個別信用購入あっせん」に該当し、携帯電話購入にあたっても支払い能力の調査が義務づけられています。

わかりやすくいえば、携帯電話の本体代はクレジット契約になっているということです。

携帯電話申込み書のタイトルは「個別信用購入あっせん契約申込書」となっていて、重要事項として「個別信用購入あっせん契約の申込みには審査があります」「当社の定める期日までに分割支払金をお支払いいただけない場合、加盟の信用情報機関にお支払いが遅延した事実が登録されます」と記載されています。

携帯電話の機種変更であっても審査が行われていて、携帯電話の契約後はその情報を登録することが義務づけられています。

実際の携帯電話本体代金の支払いはどうなっているでしょうか。

通常は通話料と一緒に口座引き落とし、カード払い、コンビニ払いなどさまざまな形態で支払っています。たとえばコンビニ払いの方がうっかり支払期日を過ぎてしまったとしても、後日携帯電話会社の店舗で支払うことは可能です。携帯電話の通話料のことだけであればそれで済みますが、本体代はクレジット契約における「遅延」として扱われ、信用情報登録機関に「事故情報」登録されることがあります。

多くの方は、携帯電話の本体代をクレジット契約として認識をしていませんので大した問題にならないと思っていますが、いざ住宅ローンの申込みにいって、以前遅延となった携帯電話支払いが原因で、住宅ローンやマイカーローンの審査が通らないといった事態が発生しています。

そのため、経済産業省が注意喚起を行うようになりました。このような時代背景から考えても、携帯電話料金といえども安易に扱うことができないと認識してください。

>>>トップページはこちら

住宅ローン審査の基本

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

目次

トップページ
住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
住宅ローンの口コミ/評判一覧
住宅ローン審査の基本
間違いだらけの住宅ローン選び
住宅ローンの基本
住宅ローン審査攻略のポイント
住宅ローンの商品知識
失敗しない住宅選び
住宅関連ニュース
住宅ローン金利ニュース
お問い合わせ
PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





引越し一括見積もり

PAGE TOP
PAGE TOP