住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2021/9/7
    [住宅ローンニュース]コロナ禍で住宅検討状況はどう変化した?住宅を購入したい理由は?リノべる意識調査

    先日のコラムでもご案内したようにコロナ禍で住宅購入意欲が減退したかと思いきや、逆に住宅購入意欲は高まっている感があります。

    その理由としては在宅が増えて家への関心が高まったこと、テレワーク用のスペースなど家へのニーズがコロナ前と変わってきたこと、外出や外食が減り、結果的に家計に余裕が出来たことなどがあるのでしょうね。

    では実際に消費者の検討状況がどう変化しているかと言うと、リノベる社が発表した意識調査によればこのようになっています。



    抜き出すとこうですね。

    ・購入意欲が高まった。:25.5%
    ・購入を具体的に検討し始めた。:14.4%
    ・コロナ禍以前に購入した。:3.3%
    ・購入するタイミングを延期した。:10.5%
    ・購入意欲が弱まった。:7.2%
    ・特にない。:39.2

    前向きになった人が4割、後ろ向きになった人が2割、変わらない人が4割ということで、全体的に見れば購入意欲が増していると言えそうです。

    他の調査でも大体同じような感じですね。

    ちなみに住宅を購入したい理由はこのようになっています。



    色んな理由が挙げられていますが、1位の「家賃がもったいないため」というのは残念ながら正しくありません。期間30年などで見た場合、購入も賃貸もコストはほとんど変わりません。

    その点では4位の「資産形成のため」というのも正しくありません。土地はともかく建物については年月によってどんどん価値が失われていくからです。

    逆に2位の「広さや間取りなどの快適性を上げたいため」や3位の「快適な仕事環境を整えたいため」というのは住宅を購入する理由としては正しいのだと思います。

    つまりは住宅購入は経済合理性ではなく、もっとエモーショナルな理由で選ぶべきだということです。

    言い換えればエモーショナルな理由=「どうしてもこの家に住みたい」「この家が欲しい」と言った熱い思いが湧いてこないのであれば、わざわざ多額の借金を抱えて住宅購入する必要はありません。

    ぜひ参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP