住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2020/5/5
    [住宅ローンニュース]コロナ問題深刻化で各銀行の金利はどう変化した?

    コロナ問題が深刻化する中で、銀行としては正直、「店舗には来てほしくない」ということだと思います。実際にいくつかの店舗で感染者が出ているようですからね。

    さらに言えば、ネット銀行であっても「今は住宅ローンの申し込みは困る」ということもあるかもしれません。直接的な感染リスクはなくても、在宅勤務が求められている中、事務処理能力が低下しているということは十分考えられます。

    そうした「貸出スタンス」の変化は金利に現れると思いますが、では4月と5月の各銀行の金利の変化を「10年固定金利」で見てみたいと思います(変動金利はどの銀行も変化なしでした)。いずれも表面金利です。

    <金利を下げた銀行>

    ・住信SBIネット銀行:0.76%→0.71%

    <金利を据え置いた銀行>

    ・auじぶん銀行:0.55%→0.55%
    ・イオン銀行:0.62%→0.62%
    ・りそな銀行:0.645%→0.645%
    ・新生銀行:0.75%→0.75%

    <金利を上げた銀行>

    ・三菱UFJ銀行:0.550%→0.690%
    ・楽天銀行:0.751%→0.966%
    ・みずほ銀行:0.800%→0.850%
    ・三井住友銀行:0.950%→1.100%

    あくまで主要行のみですが、金利を上げたところ、下げたところ、据え置いたところとまちまちな対応だったことが分かります。

    ただ金利を引き上げたところはほとんどがメガバンクであり、これらの銀行はやはり住宅ローンの貸出スタンスが消極的になったということなのでしょうね。

    ちなみに4月の長期金利は概ね低下傾向であり、少なくとも金利を引き上げる必要はなさそうでしたので、やはりこのタイミングで金利を引き上げたのには別の理由があるということかと思います。



    金利を上げていようが下げていようが、その時に金利が最も低い銀行を選べばよいのですが、今金利を引き上げている銀行は今後も断続的に金利を引き上げていく可能性がありますのでご注意ください。

    ぜひ参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP