住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2019/9/24
    [住宅ローンニュース]ゆうちょ銀行は新生銀行、ソニー銀行の住宅ローンの取次へ

    ゆうちょ銀行の住宅ローンについては、ゆうちょ銀行自体は自前の住宅ローンの提供を望んでいるものの、「民業圧迫」の観点から金融庁が認可しないまま現在に至っています。

    金融庁としても郵政傘下のゆうちょ銀行を完全にコントロールするのは難しいでしょうから、認可に難色を示すのは当然ですね。

    加えて個人的にも、民間銀行が血の滲むような思いで貸し出し競争にしのぎを削っている中、実質的に公営と言えるゆうちょ銀行がその体力をもって住宅ローン市場を奪い取っていくことには複雑な思いもします。

    住宅ローン市場がどんどん拡大していて、資金が足りないのなら別ですが、現実的にはその逆ですからね。少なくとも需要の面から言えば必要ありません。

    もちろん住宅ローンユーザーからすれば新規参入が増えて困ることは何一つないわけではありますが・・・。

    さてそのゆうちょ銀行ですが、現状では住宅ローンの「取次」だけを行っています。これなら「民業圧迫」になりませんし、遠隔地のユーザーにとっても利便性が向上するわけでwin-winかと思いますが、問題はその取次対象銀行がスルガ銀行だったことですね。

    シェアハウス問題で一気に信用力が懸念されるようになったスルガ銀行を取り次ぐわけにいかずしばらく休止していたようですが、報道によればこうした形で取次を復活するようです。

    ・ソニー銀行:10月1日〜

    ・新生銀行:2020年初め〜

    結果的に金利が低い銀行が取り扱われるなら良いことですね!

    もともとのスルガ銀行は「金利は高いけれど誰にでも貸す」スタンスだったかと思いますので、むしろソニー銀行や新生銀行と言った「王道」狙いの住宅ローンの取次を開始することで、かえって顧客の利便性は高まりそうです。

    ここまで来れば自前の住宅ローンは諦め、じぶん銀行や住信SBIネット銀行と言った、他の人気住宅ローンも取り扱ってほしいものですね。

    そんなゆうちょ銀行の住宅ローン取次ですが、最大の弱点は今のところ

    ・ゆうちょの233店の直営店のうち41店で扱う

    という規模の小ささですね・・・これだと全国の主要都市しかカバーできないと思いますのでほとんど意味がありません。

    専属スタッフの人件費などを考慮すれば現状ではこれが精一杯ということなのかもしれませんが、どうせやるのであればぜひ拡大させていってほしいものですね。

    参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP