住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2019/9/10
    [住宅ローンニュース]いよいよ消費税増税!住宅購入への影響を再チェック

    いよいよ10月には消費税が増税されますね。すでに消費者が増税慣れしているのか、増税幅が2%に留まるからか、新聞が消費税8%のまま優遇されるので報道が大人しいからかは分かりませんが、増税前夜にしては割と世の中が落ち着いている感があります。

    実際、住宅市場についても「駆け込み需要は不発だった」ということのようですね。アクトインディ社が実施した増税に関するアンケートでは「住宅」という回答もないではないですが、行動に移した方は少数派ということなのでしょう。



    とは言いつつこのタイミングで慌てて住宅購入を検討されている方もおられると思いますので、今回の増税が住宅購入に与える影響について述べていきたいと思います。

    まず最初に言えることは、消費税を8%で済ませようと思えば

    ・9月末までに物件の引き渡しを済ませないといけない

    ということです。この時点で新築マンションや注文住宅はほぼ消え、残るは戸建てか中古マンションか、ということになります。

    ただし

    ・消費税は売主が個人の中古物件にはかからない

    ということですから中古の戸建てや中古マンションもほぼ消えます。

    とすると今月中に買った方がいいかもしれないのは「すぐに引き渡しができる新築戸建てのみ」ということになります。

    それとて今から住宅ローンの手続きを始めると間に合うかどうかギリギリですが・・・。

    ちなみにもう1点、消費税に関する盲点を付記すると

    ・消費税は土地の取引にはかからない

    という点があります。であれば注文住宅や戸建てについては増税の影響はそもそも軽微だということですね!

    そうしたわけで、現時点で住宅購入を迷っている方は必然的に「増税後」ということになりそうですが、しかし残念がる必要はありません。というのも増税後には各種の「救済策」が用意されているからです。主に以下3つが挙げられます。

    1.住宅ローン減税の拡充

    2.すまい給付金の拡充

    3.住宅エコポイントの復活

    まず1つ目の「住宅ローン減税の拡充」については建物価格の2%を減税の形で還元しますよ、というもので、上記の通り土地代にはそもそも消費税がかからないことから、これにより増税の影響は全くなくなることになります。

    素晴らしいですね・・・。

    あえて言えば税金をあまり払っていない方はメリットを得られないことになりますので、どれくらいの減税メリットがあるのかはご自分でご確認ください。

    2つ目の「住まい給付金の拡充」については例えば収入が425万円以下の場合、現状では30万円が給付されるところ、10月以降は50万円に拡充されます。

    消費税は建物にしかかからない点を踏まえれば20万円の差は大きいですね。

    3つ目の「住宅エコポイント」については、耐震性だったり省エネ性だったりを高める工事をすればポイントが還元されるというものです。ご興味がある方はこちらも詳細をご確認ください。

    そうしたわけで、実際には「ほぼ増税後に購入した方がお得」と言える状況です。

    住宅購入を慌てる必要は全くありませんのでご安心ください。

    ぜひ参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP