住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2018/7/31
    [住宅ローンニュース]日銀が長期金利の変動幅を2倍に拡大。住宅ローン金利はどうなる?

    ここ数日、長期金利は上昇傾向にありました。長期金利のグラフをチェックするとこうなっています。



    今日(31日)は急落していますが、7月下旬にそれまで0.03%台だった長期金利が0.10%近くまで上昇していたことが分かります。

    その理由は、昨日(30日)・今日と開催された日銀の金融政策決定会合で金融緩和が一部修正され、長期金利の誘導目標が引き上げられるという予測があったからですね。

    「異次元緩和」が始まって早5年ですが、インフレ率はさっぱり上昇せず、2%目標の到達までまだまだ長い道のりが予想されます。そうした中で懸念が深まっているのが金融機関の経営状況です。要するに低金利が長期化する中で、金融機関の利益がどんどん減っているのですね。

    そうした異次元緩和の「副作用」を中和するために一定の金利上昇を容認するのでは、という見立てが金融市場で広がっていました。

    インフレ目標を達成するために金利を引き上げるというのは何とも奇妙な話に響きますが、「長期戦」のためにはあり得ると言うことです。

    では今回の会合でどういう決定がなされたかと言うと、住宅ローン金利に関わるところでは大きく2つです。

    1つ目は長期金利変動の幅をこれまでの2倍まで認めるということです。これまでの金利変動幅は目標である0%を真ん中にして「−0.1%〜0.1%」でしたが、これからは「−0.2%〜0.2%」になるというわけですね。

    とすると今後住宅ローン金利もまた、最大で「0.4%の幅」で動く可能性があるということです。

    ただ実際には恐らく、長期金利は0.2%に向けて徐々に上昇していくと思いますので、住宅ローン金利もジワジワ上昇することになりそうです。

    日銀が直接的に金利上昇を容認したわけではないものの、「結果的に」容認したということですね。

    2つ目は「フォワードガイダンス」によって今後の金利コントロールの方向性を日銀が「約束」するということです。現状のように日銀が金利を完全にコントロールしている状況では、このフォワードガイダンスがそのまま今後の金利動向となりますので分かりやすいですね。

    そして今回のガイダンスは「当分の間、今の低金利を維持する」ということですから、まだまだ低金利が続くということになります。

    特に変動金利住宅ローンのユーザーの方にとってはこのガイダンスは有益ですね。「もうそろそろ金利を引き上げますよ」というガイダンスが出れば、金利を固定化するか、それとも変動金利で様子を見るか、検討すべきタイミングが来たことを意味します。

    そうしたわけで今回の日銀の発表はメリット・デメリット両方あるわけですが、しかし住宅ローンの金利タイプ別に考えると「メリットだけ」と言えるのがその変動金利タイプです。

    変動金利タイプのベースとなる短期金利は引き続きマイナス水準が維持されるようですので金利が上がることは無さそうですし、上記の通り今後金利が上がる場合も、日銀のフォワードガイダンスによって事前に知らされるのであれば安心ですからね。

    先日、紙面で変動金利タイプのシェアが過去最高になったと話題になりましたが、今回の日銀の決定によって変動金利タイプのシェアはますます拡大しそうですね。

    ぜひ参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP