住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローンの商品知識「住宅ローンの事務手数料」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローンの商品知識「住宅ローンの事務手数料」

  • [こちらのコラムでは住宅ローンの商品知識についてご案内します。]

    住宅ローンの事務手数料

    住宅ローンの取り扱いに際し、事務手数料が発生します。

    一般の金融機関の場合は3万円〜5万円(税別)程度となります。

    不動産会社との提携ローンを利用する際は、住宅ローンの事務手数料の他に、提携ローンの取り扱い手数料が3万円〜10万円程度必要となります。

    インターネットバンクなど新興の金融機関は、「定率型」と「定額型」という二つの方式を採用していて、借主が選べるようになっています。

    定率型とは「融資金額の2%(税別)」といった具合に、融資金額に一定の割合をかけて手数料が決まるので、融資額が多くなれば手数料額も多くなります。

    一方、定額型というのは一般の金融機関同様、融資金額にかかわらず「○万円」と金額が決まっています。

    新興の金融機関の定額型事務手数料は3万円から30万円までと金融機関によりその額はさまざまですが、現状では一般の金融機関と比べて高い傾向にあります。

    金利だけでなく、こういった点まで考慮しないと、安いと思った住宅ローンが高くなってしまう可能性があります。

    >>>トップページはこちら
  • 住宅ローンの商品知識

    PAGE TOP

    最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





    PAGE TOP


    引越し一括見積もり

    PAGE TOP

    目次

    トップページ
    住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
    住宅ローンの口コミ/評判一覧
    住宅ローン審査の基本
    間違いだらけの住宅ローン選び
    住宅ローンの基本
    住宅ローン審査攻略のポイント
    住宅ローンの商品知識
    失敗しない住宅選び
    住宅関連ニュース
    住宅ローン金利ニュース
    お問い合わせ
    PAGE TOP

    最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





    引越し一括見積もり

    PAGE TOP
    PAGE TOP