住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローンの商品知識「住宅ローンの金利引き下げ制度」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローンの商品知識「住宅ローンの金利引き下げ制度」

  • [こちらのコラムでは住宅ローンの商品知識についてご案内します。]

    住宅ローンの金利引き下げ制度

    金利引き下げ制度について確認しましょう。

    銀行のローン金利表を見ると、たとえば3年固定1.0%、5年固定1・1%、10年固定1.5%と大きく書いてあり、その下に店頭金利という記載があります。

    借入れ当初は、金利の「定価」にあたる店頭金利から一定の引き下げをして実際の金利(適用金利)が1.1%や1.5%になるということです。

    そして、当初選択した固定金利特約期間が終了すると、返済終了まではその後選ぶ金利タイプの店頭金利から常に一定金利を引き下げられます。

    たとえば金利引き下げ幅が1.4%の場合、当初10年固定(1.5%)を選び、10年後も金利水準が今と全く同じだった場合、次に3年固定を選べば2.9%から1.4%を引いた1.5%の金利を適用しますし、前回同様10年固定を選べば3.7%から1.4%を引いた2.3%が適用されます。

    10年後、金利水準が上昇していて10年固定の店頭金利が4.2%になっていた場合は、4.2%から1.4%を引いた2.8%をその後10年間適用します。

    このように、借入れ当初の固定期間の引き下げ幅が大きい制度を「当初期間引き下げ(軽減)」と呼びます。

    当初期間引き下げは、当初固定期間終了後に引き下げ幅が減る反面、残高の多い借入れ当初は大きく引き下げられ、低い金利で借りることができます。

    この金利引き下げ制度にはもう1種類、引き下げ幅が常に一定の「全期間引き下げ(軽減)」があります。

    変動金利型住宅ローンで借り入れた場合は「当初固定金利特約期間」がありませんので、多くの場合「全期間引き下げ」が適用されています。

    「全期間引き下げ」の場合、たとえば「借入れ期間中常に店頭金利より1.7%引き下げ」といった具合です。

    >>>トップページはこちら
  • 住宅ローンの商品知識

    PAGE TOP

    最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





    PAGE TOP


    引越し一括見積もり

    PAGE TOP

    目次

    トップページ
    住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
    住宅ローンの口コミ/評判一覧
    住宅ローン審査の基本
    間違いだらけの住宅ローン選び
    住宅ローンの基本
    住宅ローン審査攻略のポイント
    住宅ローンの商品知識
    失敗しない住宅選び
    住宅関連ニュース
    住宅ローン金利ニュース
    お問い合わせ
    PAGE TOP

    最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





    引越し一括見積もり

    PAGE TOP
    PAGE TOP