住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 失敗しない住宅選び7「忘れてはいけない、周辺環境のチェック」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

失敗しない住宅選び7「忘れてはいけない、周辺環境のチェック」

  • こちらのコラムでは物件選び・住宅選びに関わるさまざまな疑問や落とし穴に対する対策やアドバイスをご提供します。みなさんが最高の物件に出会えます事を祈っております。今回は「周辺環境のチェック」に関するアドバイスです。


    忘れてはいけない、周辺環境のチェック

    物件選び・住宅選びでは、ついつい、間取りや値段、土地・建物の広さなど、物件のスペックに目を奪われがちですが、周辺環境のチェックも忘れてはいけません。


    もちろん「住めば都」というのも事実ではありますが、とはいえ、住宅購入を一生の買い物とするのであれば、やはり「こんなはずじゃなかった」というような思いはしたくないものです。可能な限り、事前に情報を集めましょう。


    以下、主なチェックポイントをまとめてみます。


    1.治安状況


    周辺の道路や電柱などに貼ってあるビラやチラシ、看板に注意しましょう。空き巣などへの注意を呼びかけるものがあったら、やはり1階の窓ガラスの防犯性等には注意を配りたいものです。


    また犯罪の発生状況は地域の警察署のHPで公表されている場合もあります。こういう情報を参考に、犯罪が多い地域なのかどうか確認することができます。


    犯罪の少ない地域なら安心・・・というわけではもちろんありませんが、犯罪が多いエリアには多いなりの理由があると思われますので、実効性のある対策を立てておくことが重要ですね。


    2.嫌悪施設


    高圧線などの嫌悪施設も、事前にしっかりチェックしておきましょう。高圧線が頭上を通っていれば資産価値に影響しますし、健康被害を気にする方もいるかもしれません。高圧線が人体に影響を及ぼす明確な証拠はないようですが、とはいえ「何だか気持ち悪い」と思うのも人情ですね。


    ゴミ捨て場も同様です。自分の家の前がゴミ捨て場だった、というのも事前に知らなければショックかもしれません。ゴミ収集は曜日が決まっていますから、別の曜日に行って見落とすことはありえます。


    マナーの悪い住民のゴミに閉口するかもしれませんが、一番、性質の悪いのはカラスやネコなどの野生動物がゴミを食い散らかしてしまうことではないでしょうか。勝手に駆除するわけにはいきませんし、これはなかなか頭の痛い問題だと思います。


    それ以外にも「ゴミ」関連では、ゴミ処分場・ゴミ焼却場も嫌悪施設の代表格と言えます。引越ししてきて、カーテンをバッと開けたら目の前に煙突が・・・なんていうことはさすがにないかもしれませんが、物件を見に行った時には気づかず、地図を見ると、結構近い距離にあった、ということは少なくありません。


    ゴミ処分場・ゴミ焼却場の健康被害をどこまで気にすればいいのかは分かりませんが、実際に、疑い例も含めて健康被害が報告されていることを勘案すると、やはり気になりますね。


    事前に自分で地図などで周辺施設をチェックするようにしましょう。

    競馬場や競艇場などの施設があって、曜日によって人並みや雰囲気が大きく変化する場合もありますので注意してください。


    3.地盤


    住宅選びで決して忘れてはいけないのが地盤のチェックですね。最終的には個別に地盤調査が必要ですが、そこまでしなくても地図や現地でチェックすればある程度分かります。ポイントは


    ・水が溜まりやすい場所は地盤が弱い


    ということです。等高線入りの地図などを見れば、どこが低くてどこが高いかは一目瞭然ですし、地名で「谷」や「津」、「窪」などがついているところは要注意と言えるかもしれません。


    また現地に行った際、雨降りの後、水溜りが残っていたり、道路が一部陥没していたり、ひび割れしている場合は地盤が弱い可能性がありますね。周辺の建物の基礎や壁にひび割れが目立つようであれば、要注意です。


    加えてハザードマップもチェックするようにしましょう。ハザードマップは川などが氾濫した場合にどれくらい浸水するのか、自治体などが予想しているものですが、それによりどこの部分に水が溜まりやすい=地盤が弱いのか大よそ検討がつきます。


    もちろん、川の氾濫そのものも大変危険な災害となりますので、考慮しておいた方がいいでしょう。


    地盤が弱いところで家を建ててはいけないわけではありませんが、対策がしっかりなされているかどうか入念にチェックすべきです。


    4.隣家


    そして最後にオススメなのが、購入しようとしている物件の近所の人に直接、話を伺うことです。特に両隣の方には、あいさつも兼ねて事前に住み心地について聞くことをお勧めします。


    周辺の問題や、過去の天災での被害、浸水暦などの情報を直接拾えるいいチャンスなので、事前にぜひ話を聞いてみてください。



    >>>トップページはこちら
  • 失敗しない住宅選び

    PAGE TOP

    最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





    PAGE TOP


    引越し一括見積もり

    PAGE TOP

    目次

    トップページ
    住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
    住宅ローンの口コミ/評判一覧
    住宅ローン審査の基本
    間違いだらけの住宅ローン選び
    住宅ローンの基本
    住宅ローン審査攻略のポイント
    住宅ローンの商品知識
    失敗しない住宅選び
    住宅関連ニュース
    住宅ローン金利ニュース
    お問い合わせ
    PAGE TOP

    最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





    引越し一括見積もり

    PAGE TOP
    PAGE TOP