住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン審査攻略のポイント2「銀行の指定する団体信用生命保険に加入できる」

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン審査攻略のポイント2「銀行の指定する団体信用生命保険に加入できる」

  • こちらのコラムでは住宅ローン審査攻略のポイントをご案内します。
    事前に知っておくのと知らないのとでは、審査結果が大きく変わってきますから、しっかり準備しておきましょう。

    2つ目の攻略ポイントは「銀行の指定する団体信用生命保険に加入できる」です。


    審査攻略のポイント2:銀行の指定する団体信用生命保険に加入できる

    住宅ローンを借りるときには通常、団体信用保険という生命保険に加入しないといけません。これは住宅ローンを借りた人が万が一、お亡くなりになった時に生命保険会社が代わりに住宅ローンを返済してくれるもので、銀行側から見ればリスク管理という側面がありますが、借入人の家族のことを考えれば、やはり加入しておいたほうがいい保険ですね。


    住宅ローンを借りるときというのは、通常は家族があって、子供も小さい、という場合がほとんどでしょうから、万が一の時にも「とりあえず家は残る」というのは何事にも代え難い安心感です。


    筆者の知人もやはり働き盛りにもかかわらず、突然、還らぬ人となりましたが、数年たってご遺族の方とお話する機会があったところ、「正直、家が残ったのは不幸中の幸いだった。もし家がなければ、本当に困っていたと思う。」とおっしゃっていました。


    そんなもしもの時にそなえる生命保険ですが、残念ながら誰でも入れるわけではありません。20歳〜70歳までの健康な方しか加入できないのです。

    年齢としては70歳までOKであれば大丈夫と思われるかもしれませんが、年を取るにつれて健康というのは急速に失われていきます。40才を超え50才になってくると、大抵、1つや2つは持病と言えるものを持っているのが普通ではないでしょうか?


    実際に健康状況を詳細に調べられることはないと思いますので、持病まで正確に申告するかどうかは「大人の判断」となってきますが、正直に記載して審査が落ちた、という話も聞きます。


    なのでウソを申告しろ、という気はありませんが、やはりなるべく健康なうちに、つまり生命保険に加入できるうちに、自分にとって住宅ローンが必要かどうか、検討したいものです。

    >>>トップページはこちら

  • 住宅ローン審査攻略のポイント

    PAGE TOP

    最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





    PAGE TOP


    引越し一括見積もり

    PAGE TOP

    目次

    トップページ
    住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向
    住宅ローンの口コミ/評判一覧
    住宅ローン審査の基本
    間違いだらけの住宅ローン選び
    住宅ローンの基本
    住宅ローン審査攻略のポイント
    住宅ローンの商品知識
    失敗しない住宅選び
    住宅関連ニュース
    住宅ローン金利ニュース
    お問い合わせ
    PAGE TOP

    最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





    引越し一括見積もり

    PAGE TOP
    PAGE TOP