住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2018/6/5
    [住宅ローンニュース]いよいよ夏のボーナス!住宅ローン返済に充てる人の割合は?

    今月後半にはいよいよ夏のボーナスが支給され始めますね。住宅ローンユーザーの大半がサラリーマンだと思いますので、待ちわびている方も多いのではないでしょうか。

    今回の夏のボーナスは、製造業・非製造業ともに増加見込みという報道もされていましたので尚更ですね。

    では実際のボーナスの見込みはというとマイナビニュース会員502名へのアンケートではこのようになっているようです。

    ・ボーナスがある : 79.5%
    ・ボーナスがない : 20.5%

    他のアンケート調査と比較すると「ボーナスがある」という回答が多い気がします。具体的な支給額はこうなっています。

    ・10万円未満 : 10.3%
    ・10万円〜20万円 : 14.5%
    ・20万円〜30万円 : 12.0%
    ・30万円〜40万円 : 12.3%
    ・40万円〜50万円 : 11.8%
    ・50万円〜100万円 : 27.8%
    ・100万円以上 : 11.3%

    きれいに分散していますね!恐らく回答者の年齢も幅広く分散しているのではないかと思います。ただ40代平均のボーナス額は50万円を超えてくると思いますので、その点ではそうは言いつつ20代〜30代が比較的多いのかもしれません。

    次に使い道が決まっている人・決まっていない人の割合はこうなっています。

    ・決めている : 55.6%
    ・決まっていない : 44.4%

    すでに使い道を決めている人が過半ということですね!では具体的にどういう使い道かと言うとこうなっているようです。

    ・旅行 : 33.0%
    ・ショッピング : 32.4%
    ・ローン、税金、保険 : 15.1%
    ・生活費 : 8.4%
    ・外食 : 6.7%
    ・その他 : 9.5%

    貯金は選択肢に入っていないことに加え、複数回答可である点には注意が必要ですが、意外と住宅ローン支払いに充てるという方は少ないですね。仮に回答者の3割が住宅ローンを利用しているとしても、その半分しか住宅ローン返済に回さないということになります。

    ポジティブに捉えれば、何かと問題の多い住宅ローンのボーナス払いの割合がかなり減ってきている と言えますが、ネガティブに捉えれば繰り上げ返済に対する意識が低いとも言えそうです。

    確かに住宅ローン現在をフルに利用している場合など、「住宅ローン残高を維持している方がトク」というケースもありますが、その場合でも「繰り上げ返済したことにして、その分貯金する」といった取り組みが必要です。

    住宅ローン減税は最長10年で終わってしまいますので、その時にこれまでの分をまとめて繰り上げ返済しないと、結局、コツコツ繰り上げ返済した人にトータルコストでは負けてしまうと思います。

    もし、手をつけず貯めておく自信がない人はあえて繰り上げ返済してしまうというのも手ですね。

    また、ボーナス資金を繰り上げ返済に使うのではなく、借り換え費用に回すというのもご検討いただければと思います。恐らく5年以上前の住宅ローンなら、借り換えによってメリットが出てくる可能性が高いですが、借り換えは無料ではできません。登記費用や事務手数料で数十万円の費用が必要になってきます。

    その原資にボーナス資金はピッタリだということですね。

    繰り上げ返済にせよ、借り換えにせよ、住宅ローンユーザーの方は上手に夏のボーナスを活用して、住宅ローンの負担を軽くしていっていただければと思います。

    参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP