住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2017/10/24
    [住宅ローンニュース]与党大勝で、今後住宅ローン金利が上昇するケースと低下するケース

    週末に衆院選の投開票が行われたわけですが、結果は与党の圧勝に終わりました。まさか「3分の2」まで確保するとは思っておりませんでしたので、正直とても驚きました。

    昨日の株価も素直に上昇しています。おそらく「それなりの勝利」は株価に織り込まれていたと思いますが、ここまでの「圧勝」には多少のサプライズもあったかもしれません。

    もちろん主要政党の中で、「最も企業に優しい」のも、「最も株式市場に優しい」のも自民党ですから、その自民党が大勝したとなれば株価が上昇するのは当然ですね。

    では住宅ローン金利への影響はどうかと言えば、「金融政策に変更なし」ということですから、引き続き今の低金利が維持されるということですね。 インフレ率が2%を超えてくるまで大規模な金融緩和は続き、日銀の金利操作も続くでしょうから、長期金利は「−0.1%〜0.1%」の範囲内に抑えられていくことになります。

    ただこれが結論だと何も面白くありませんので、今回の衆院選の結果を受けて「自公体制」が当面続くということを前提に、「住宅ローン金利が上昇するケース」と逆に「低下するケース」を考えてみたいと思います。

    まず最も素直に考えた「住宅ローン金利が上昇するケース」というのはこれですね。

    ・インフレ率が順調に上昇し、2%を超え、日銀が金利操作を終了し、金融緩和が縮小に向かう。

    ただ「異次元緩和」と「アベノミクス」を4年以上続けてもインフレ率は低いままですので、2%を安定的に超えるというのはなかなか難しそうです。

    次に考えられるのがこうしたケースでしょうか。

    ・インフレ率は2%に届かないものの、市場の国債が極端に減ってしまい、金融緩和を縮小せざるを得なくなる。

    今のように日銀が大量の国債を買い続ける限りいつか限界が来ると指摘されており、実際そうなのだと思いますが、ただ仮に金融緩和の「量」を縮小せざるを得ないとしても、「金利」まで引き上げる必要はないわけで、そう考えるとこのケースでも金利が大幅に上昇することはなさそうです。

    ではもっと可能性が高いケースはと言うとこういう場合かもしれません。

    ・高すぎる「2%」の目標を諦め、まずは1%とし、1%を超えてきたタイミングで徐々に金融緩和も金利操作も縮小していく。

    仮に金融緩和の「弊害」が小さくないとすれば、目標をより現実的なものにし、それに合わせて金融緩和の「出口」を探っていくというケースは確かにあり得そうです。

    特に来年4月の任期で日銀の黒田総裁が「卒業」するのであれば、この「2%目標」を見直すいいタイミングだと言えます。実際には「続投」の可能性が結構高いようですが・・・。

    いずれにしても、金利が大きく上昇するケースというのは想定できないものの、この1、2年で住宅ローン金利が多少なりとも上昇するケースというのはありえそうです。特に金融緩和の行方についてはぜひチェックしていただければと思います。

    では次に「住宅ローン金利が低下するケース」を考えてみたいと思います。例えばこういう場合ですね。

    ・景気が悪化し、金融緩和を拡大することで経済を下支えする必要が出てくる。

    世界的な好景気が長く続いておりますので、いつ崩れてもおかしくありませんし、それこそ2019年に本当に消費税増税になれば経済に対して相応のネガティブインパクトをもたらすことになります。

    これは結構あり得そうなケースですね・・・。

    次はこういった場合でしょうか。

    ・いつまでも到達しないインフレ目標に業を煮やして日銀がさらなる金融緩和拡大に打って出る。

    可能性がないわけではありませんが、これまでの金融緩和がインフレ率上昇に直接的に寄与していないことを勘案すれば、日銀もさすがに慎重になりそうですね。

    ちなみに個人的には「住宅ローン金利上昇」の可能性より、「住宅ローン金利低下」の可能性の方が高い気がしますが、それはともかくその鍵を握るのは日銀であり、日銀の金融政策です。しっかり注視しておきたいものですね。

    なお、衆院選で他の政党が勝っていれば、間違いなく金利上昇要因になっていたかと思いますので、その点では住宅ローンユーザーにとっては今回の結果は「追い風」と言えそうです。

    参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP