住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2017/05/23
    [住宅ローンニュース]住宅ローンの利用率がどんどん減少しているって本当?

     先日、WEBアンケート調査で有名なマイボイスコム社が住宅ローンに関するアンケート調査の結果を発表しました。まず住宅ローンの利用実態はこのようになっています。



     一番左のピンク色が「現在、住宅ローンを借りている」という回答ですが、10年前は35%前後あったのに対して足元では24%弱まで低下していることが分かります。もしこの数字が正しいとすれば現在、住宅ローン市場は急速に縮小中ですね。金融機関にとっては「冬の時代」ということになります。

     しかし実際にはここ数年の劇的な金利低下を受けて住宅ローン市場は大盛り上がりという状態です。もちろんその中には「借り換え」のように金融機関の間をグルグル回っているだけのものもありますが、それを差し引いても住宅ローンの新規貸し出し額が伸び悩んでいるという話は聞きません。

     そこでこの住宅ローンを含めた負債の保有比率の推移を総務省統計局の家計調査でチェックしてみるとこうなっています。



     あくまで「2人以上の世帯」の数値ですので単純に比較することはできませんが、それでも2007年の40.6%と2016年の37.3%と比較すればその減少率は−8%にとどまっており、マイボイスコム社の調査との差は歴然としています。

     ちなみにこの家計調査で注目すべきはもう1つ、負債額については着実に増加していることですね。2007年の1,242万円に対して2016年は1,357万円ということですから、+9%以上増加しています。

     この数字が概ね正確なのだとすれば、この10年間で「客数は8%減ったけれど、個別の残高は9%増加した」と考えられ、住宅ローン市場全体としては堅調に推移したと言えそうです。

     とすると冒頭でご案内した「住宅ローン市場が急速に縮小中」というのは事実ではない、ということなのでしょうね。ではなぜこのような差異が生じたのでしょうか?

     マイボイスコム社と総務省の調査とを比較すれば、マイボイスコム社には申し訳ないですが、やはり総務省の調査の方が信頼性が高いものと思います。とするとマイボイスコム社の調査の中身をチェックすればその原因が分かりそうですが、おそらくこれがギャップの原因なのではないでしょうか。



     要するに回答者の半分以上が50代以上なのですね!住宅ローンは30代〜40代で借りて、50代〜60代で返済するというのが一般的かと思いますので、とすると現在住宅ローンを利用している人が24%弱にとどまるというのも分かる気がします。

     さらにこの住宅ローン利用者の割合が一貫して減少していることを踏まえると、あくまで仮説ではありますが「マイボイスコム社のアンケート回答者が10年前とあまり変わらず、結果的に返済が進むにつれ利用割合が減少している」可能性があります。

     要するに「今」を切り取った定点観測ではなく、「同じ回答者の10年間超の住宅ローン返済の変遷を追いかけた調査」ではないか、ということです。

     ただもしそうなら「借りていたが、もう返済が終わった」という回答は逆に増えるはずであり、辻褄は合いませんが・・・。

     いずれにしてもマイボイスコム社のアンケートには偏りがある可能性があるということですね。

     とすると、この「利用している(予定の)ローンのタイプ」の回答結果はどうでしょうか?



     「完全固定型」が約4割でシェアトップというあまり見たことのない結果ですね・・・。一般的には「変動型」が5割を超えているかと思うのですが、こちらは3割前後とそれほど存在感はありません。

     回答の中に「借りる予定」の住宅ローンも含まれているようですので、「当初考えていた金利タイプと実際に借りる金利タイプは異なる」ということであればこのようになる可能性もありますが、しかし再び冒頭のグラフに戻ると「借りる予定がある」と回答した人は極めて少なく影響は大きくなさそうです。

     とすると繰り返しになりますが「10年前も今も同じ人が回答しており、結果として回答内容がずっと同じになっている」可能性はそれなりにありそうです。

     つまりはやはり不正確な部分があるということですね。

     こうした調査結果は面白く、さらに突飛な結果であればあるほど拡散しやすいのではないかと思いますが、住宅ローンユーザーとしては不正確な情報に振り回されるわけにはいきませんので、違和感を感じたり「おかしいな?」と思えばぜひ別のデータをチェックしていただき、その真偽を確かめていただければと思います。

     参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP