住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2016/5/24
    [住宅ローンニュース]国債市場で外国人投資家の割合が急拡大!住宅ローン金利への影響は?

     報道によれば国債市場で海外投資家の存在感が高まっているようですね。日経新聞の記事によれば2004年以降、このように拡大してきているようです。



     2004年当時は5%前後だったわけで、「これまでが低すぎた」という気もしますが、しかしこのように図示してみると外国人投資家のシェア拡大はかなり急ですね。特に2015年から2016年にかけて大きく上昇しています。

     その理由ですが、日銀のこれまでの金融緩和によって金利の変動幅が大きくなり、トレードの巧拙が利益に結び付くようになった、というのがあるのかもしれません。全く動かない相場であれば儲けようがありませんからね。

     他方、足元で大きく伸びているのは・・・1月末に発表されたマイナス金利の影響がありそうです。現状のマイナス金利は−0.1%なわけですが、国内の金融機関からすれば基本的にはこのような運用判断になってくると思います。

     ・長期金利=国債金利が−0.1%より高い → 国債に投資する

     ・長期金利=国債金利が−0.1%より低い → 日銀の当座預金(−0.1%)に預ける

     つまり日銀の当座預金の金利=−0.1%より金利が高いかどうかで国債を購入するかどうか決める、ということです。わざわざより低い金利で運用する必要はありませんからね。しかもそれがマイナス金利ならなおさらです。

     では足元の長期金利=国債金利がいくらかと言うと、「−0.105%」と節目である−0.1%を下回っています。こうした金利水準が続く限り、国内の金融機関の余裕資金は日銀の当座預金に向かい、国債には向かなくなります。

     とすれば、国債市場において外国人投資家の比率が高まるのは当然ですね!

     では今後もどんどん国債市場における海外勢のシェアが高まっていくとすると国債金利=長期金利はどうなっていくのでしょうか?

     まず考えられるのは変動幅がどんどん大きくなっていくということですね。外国人投資家は短期的な値動きで儲けるのが主目的でしょうから、相場に追随する取引にせよ、逆張りする取引にせよ、投機的な動きを仕掛けることになります。とすると国債価格の値動き=金利の変動がより大きくなるのは当然です。

     さらに外国人投資家が日銀の当座預金を利用することはないでしょうから、「−0.1%」という節目に影響されることもなさそうです。

     最近の−0.1%を下回る金利水準に違和感を感じていた筆者ですが、なるほど外国人投資家が徐々に相場を主導しているのであればそういうこともありそうですね。

     こうした外国人投資家と対峙するのが日銀なわけですが、日銀が金融政策を決定する会合が6月の中旬に行われます。とすると、次の会合でマイナス金利が拡大されるのかどうかという思惑で、さらに長期金利の変動幅は大きくなりそうです。

     4月末の会合では見送られたマイナス金利の拡大ですが、6月に決断されるのでしょうか?

     さてそのように海外勢のシェア拡大に伴い長期金利の変動幅が大きくなるとすると住宅ローン金利も・・・やはり多少は変動していくようになるのでしょうね。

     仮に長期金利が−0.05%〜−0.15%といった幅で変動していくとすれば、住宅ローン金利もまた±0.05%といった幅で動くことになります。

     逆に言えば仮に住宅ローン金利が変動したとしても「その程度」と言えるわけですが、メディアは「上がった」「下がった」と結果のみを大きく報道するでしょうから、心象としてはだいぶ変わってきそうです。

     むしろ、そのように長期金利や住宅ローン金利が小刻みに上下を繰り返せば繰り返すほど、細かな変動に目を奪われるのではなく、金利の絶対水準の低さを評価する大局観が必要になってくるのかもしれません。

     要するに多少上がっても下がっても、今の住宅ローン金利が「歴史的な低金利」にあり、「ここからはなかなか下がりにくい」ということですね。住宅ローン金利はマイナスになることはないでしょうから。

     であれば、安心して住宅ローンの手続きを進めていけそうです。

     参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP