住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2016/4/11
    [住宅ローンニュース]じぶん銀行のauユーザー限定au住宅ローンは魅力的?

     各銀行で、マイナス金利政策等の運用環境悪化などを背景に住宅ローン強化の動きが加速しておりますが、その中でも目を惹くのがじぶん銀行です。今月も変動金利を引き下げ、ついに業界最低水準となってきました。

     じぶん銀行の親会社は三菱UFJ銀行とKDDIですが、親会社である三菱UFJ銀行よりはるかに低い金利です。とすればもはや三菱UFJ銀行で住宅ローンを借りる必要はない、ということになりそうですが、それくらい戦略的な金利なのでしょう。

     そうしたわけですでに十分魅力的なじぶん銀行の住宅ローンですが、筆者が気になっていたのは、もう一方の親会社であるKDDIユーザーへの優遇です。と言うのもじぶん銀行は「au顧客優遇路線」を明確に打ち出しているからです。たとえばATM手数料や振込手数料が優遇される、等ですね。

     ただでさえ金利が低いところに0.1%でも優遇されれば相当なインパクトが出てくるわけですが、そのじぶん銀行からついに、auユーザー限定の「au住宅ローン」が発売となりました。気になる金利はたとえば変動金利だとこうなっています。

    ・通常金利 : 0.497%
    ・au住宅ローン : 0.497%

     つまり・・・全く変わらないのですね・・・。

     では具体的にどういう特典があるかと言うとこうなっています。

    ・au通信サービスとセットでauWALLETプリペイドカードへ毎月500円、最長5年キャッシュバック

     「auWALLETプリペイドカード」は電子マネーと考えればいいのでしょうか?いずれにしても年間6,000円、トータルで最大3万円ということですね。

     うーん、どうでしょう。そこまでのインパクトはなさそうです。

     念のため金利換算してみると、仮に住宅ローン残高を2,000万円とすると年間6,000円のキャッシュバックは単純計算で0.03%。つまりは実質的にこのような金利になる計算でしょうか?

    ・通常金利 : 0.497%
    ・au住宅ローン : 0.467%

     こうして表記されるとまだありがたみが出てきますね!ただ当初5年間だけですのでそのあたりは注意が必要ですが。

     加えて、もしかすると「0.03%引き」より「毎月500円」の方がお得感がある、という読みもあったのかもしれません。

     住宅ローンの返済自体は少なくとも月5、6万円はかかると思いますのでそこからすれば500円という金額はわずかですが、これを別のお小遣いのようなもの、と捉えれば積極的に評価する気分となる方もおられるのでしょうね。きっと。

     ただやはり本質的にはこの5年間×月500円をどう評価するのかではなく、大元のじぶん銀行の住宅ローンをどう評価するかが大切です。

     そして上記の通り今のところ、じぶん銀行の住宅ローンはかなり魅力的ですね。au利用者だけでなく、それ以外のキャリアの利用者も十分検討可能です。差はわずか(最大)3万円ですからね。何千万円となる住宅ローンの総返済額からすれば誤差の範囲です。

     今後もじぶん銀行には、じぶん銀行住宅ローンそのものの魅力を磨いていってほしいものですね。

     参考にしてみてください。

    >>>じぶん銀行住宅ローン、au住宅ローンについて詳しくはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP