住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2015/8/17
    [住宅ローンニュース]ローンだけじゃない!住宅購入時の引っ越し・家具・家電の費用はいくら?

     マイホーム取得に関して思ったより費用がかさむというのはよく聞く話です。宣伝文句によくあるように、確かに住宅ローンの返済額は賃料より少ないけれど、管理費、修繕積立金、そして税金などを加味すればむしろトータルの支出は賃貸の時より増える、というのが典型的な例でしょうか。

     管理費・修繕積立金だけを考えるのであれば、戸建てであれば直接的にそうしたコストは発生しませんが、それでも建物はどんどん劣化していくわけで、10年に1回、20年に1回のメンテナンスを考えればトータルコストはマンションも戸建てもあまり変わりません。外壁塗装の塗り直しだけで数百万円かかるようですしね。

     そうしたわけで、マイホーム購入の際にはそうした取得後に発生するコストについても当然、考慮に入れておく必要があると言えますし、資金計画は「余裕があればあるほどいい」ということですね。

     ではそれ以外のコストとしてはどういったものがあるのでしょうか?

     絶対発生するのは引っ越し費用ですね。さすがに今時、会社の部下に手伝わせるというわけにはいきません。

      しかし一昔前であれば部下が休日に上司の引っ越しの手伝いをするというのは日常的な光景だったわけで・・・濃密と言えば濃密、面倒と言えば面倒な人間関係が組織の中にガッチリ、ビルトインされていたということになります。今の方がはるかに気楽でいいですね。

     それはともかくとして、次に発生するのが、家具や家電、自動車といったいわゆる「耐久消費財」の買い替えです。

     もちろんすべてをリニューアルするわけにはいかないでしょうけれど、古くなったものであれば買い替える良いタイミングですし、自動車などの場合でも新しい駐車場に入らない、といったことが特にマンションでは起こる可能性がありそうです。

     これらはあくまで一時的なものではありますけれど、資金計画の中で考慮しておく必要がありますね。マイホームの引き渡し直後は頭金負担などによって預貯金がスッカラカンになっている場合も少なくないと思いますので尚更です。


     では具体的にこうした費用はいくらくらいなのでしょうか?

     住宅金融支援機構が発表した「住宅取得に係る消費実態調査」によると、1世帯あたりの平均耐久消費財購入額はこのようになっています。

     ・新築戸建 : 201万円
     ・新築建売 : 105万円
     ・新築マンション : 86万円
     ・中古住宅 :  71万円

     「新築戸建」と「新築建売」の違いがよく分かりませんが、前者が注文住宅、後者が分譲住宅という線引きになるのでしょうか。

     いずれにしても結構な差が出ましたね!新築戸建については何と201万円ということでかなりの出費、ということになります。

     確かにこれが注文住宅ということであれば、資金に余裕がある層だと思いますので、財布が緩みがちとなるのは当然かもしれませんが、ただ一方で、最近では富裕層も積極的に購入している新築マンションが86万円と相対的にかなり低いのは意外感があります。

     耐久消費財の購入額は屋内外の広さに比例するということですかね?今の時代であれば、少なくとも太陽光発電の有無はそれなりに影響していそうです。

     また、マンションであれば備え付けのものが多く、意外と家具は少なくて済む、といったこともあるのかもしれません。

     しかし71万円にせよ、201万円にせよ、結構な金額であることに変わりはありません。また、順序が逆になりましたが引っ越し費用はこうなっています。

     ・新築戸建 : 15万円
     ・新築建売 : 16万円
     ・新築マンション : 20万円
     ・中古住宅 :  19万円

     これまた耐久消費財の購入額とほぼ反比例していて意外ですが、戸建てほどこれまでのものを捨てて、新しいものを買いたい気持ちにさせるのだとすれば、実際のキャッシュフローだけでなく、メンタル面への注意が必要そうです。

     結局のところ、マイホーム取得に係る「その他のコスト」がトータルで少なくとも100万円以上かかりそう、という実態が浮き彫りになっています。

     こうした出費についても十分ご注意いただければと思います。住宅ローンでカバーしてくれる銀行もあるようですが、その分当然、金利が発生するわけですからね。自前の資金でやりくりできるに越したことはありません。

     参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP