住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2015/8/3
    [住宅ローンニュース]ARUHIの女性のための住宅ローンは魅力的?

     少子高齢化が進む日本では今後、徐々に住宅ローンの需要が縮小していくのは間違いありません。特にこれまでの住宅ローン市場を支えてきた団塊ジュニアがマイホーム適齢期である30代を卒業し、40代になりつつある中では、今後よりそうした変化が顕著になってくるのではないかと思います。

     一方、資金需要が減ってくるのは個人だけでなく法人も同じですから、銀行からすればますます融資先を見つけるのが困難になってきます。つまりは今でも十分激しい住宅ローン競争が、今後さらに激しくなっていくことが予想されるわけです。完全にゼロサムゲームではありますが、各銀行の健闘をお祈りしたいと思います。

     そうした中で、一定頻度で聞こえてくるのが「女性向け住宅ローン強化」の取り組みですね。上記の通り貸出先を見つけていきたい銀行側の思惑に加えて、世の中の半分は女性であるほか、晩婚化や、未婚率・離婚率の上昇などを背景に、女性の住宅ローン需要は徐々に拡大していく可能性があることがこうした取り組み強化の背景にあるのではないかと思います。

     ただ一方で、そうした「女性向け住宅ローン」が成功したという話は聞いたことがありません。

     色も形もない住宅ローンという金融商品において、わざわざ性差をつける必要がないということなのかもしれませんね。金利が低ければうれしく、金利が高ければ悲しいのは、男女を問わず同じであり、つまり女性ユーザーを取り込もうと思えば、「女性だけ金利が低い住宅ローン」をわざわざ販売する必要はなく、「男性であっても女性であっても金利が低い住宅ローン」を提供すれば事足りる、ということですね。

     定期預金に男性向けも女性向けもないのと同じ理屈です。

     そんなわけで当方はこうした「女性専用の住宅ローン」につき、冷ややかな姿勢を崩していないわけですが、SBIモーゲージ改めARUHI社が、女性のための住宅ローン「ARUHI With Woman」の販売を開始していますね。

     その気になる特典は報道によればこういうことのようです。

    ・専用のコンシェルジュデスク
    ・住宅ローンの契約時に加入する保険料が半額
    ・会員サービス「ARUHIメンバーズクラブ」提供

     いかがでしょう?正直、ARUHI社に申し訳ないですが、コンシェルジュデスクもメンバーズクラブも大きく期待することはできないとすれば、焦点は2つ目の「住宅ローンの契約時に加入する保険料が半額」の魅力次第ということになってきます。具体的には、住宅ローンの返済を保障する「全疾病保障特約プレミアム」と「失業保障特約三ツ星くん」の2つの保険が半額で利用できる、ということですね。

     では気になるその保険料ですがこういうことのようです(住宅ローン残高3,000万円の場合)。

    ・全疾病保障特約プレミアム

      45歳以下 : 年18,000円
      46歳以上 : 年36,000円
      56歳以上 : 年90,000円

    ・失業保障特約三ツ星くん : 年24,000円

     最終的には費用負担は年10万円を超えてくるわけで(実際には元本が減っていくのでもう少し低いですが)、無視できない金額になってきます。これらが半分になるのであれば歓迎すべきことと言えるかもしれません。

     ただ一方で新生銀行や住信SBIネット銀行のようにそもそもこうした疾病保障を無料で提供している銀行もあるわけで、本当にお得かと言われると微妙ですね。

     また、同じフラット35を提供する金融機関の中でも、事務手数料がARUHI社より安いところもあり、そうした事務手数料を含めたトータルコストで比較しないと意味がないですね。

     もちろんそもそもこうした「疾病保障」や「失業保障」はいらないと言う方には何の経済的メリットもない、ということになります。

     わざわざ住宅ローンに付帯させなくても既存の生命保険・傷害保険を拡充させれば十分という方もおられるでしょうしね。その点では冷静に数字に落とし込みながら比較検討していただければと思います。

     しかし冒頭の話に戻りますが、やはりなぜ女性限定の住宅ローンにしなければいけないのか理解に苦しみますね。もしこうした商品内容に興味を持ったのが男性であったとしても、銀行の立場から言えば特に断る理由などないからです。

     男性にも女性にも魅力的と思える住宅ローンを提供するという姿勢の方が現実的であり、会社としても利用者としてもwin−winな感じがするのですが、それだと面白みがないのでしょうか・・・。

     参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP