住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2015/3/2
    [住宅ローンニュース]住信SBIネット銀行住宅ローンの対面販売は魅力的?

     気が付けば住宅ローン業界の中でも一大勢力となっているのがネット銀行です。徐々に残高や貸し出し実績を伸ばし、メガバンクなどの既存銀行のシェアを奪っているのですね。

     それに対抗するために既存銀行では積極的な金利引き下げやネット専用金利などを打ち出し対抗しています。要は銀行間の住宅ローン競争が激しくなっているというわけです。

     そのように既存銀行の対抗策が広がる中、住信SBIネット銀行が大変面白い戦略を打ち出していますね。何かと言うと、同行の住宅ローンをSBIマネープラザやSBIモーゲージといったグループ会社の店頭でも販売・取扱いを始めるということです。

     つまり、ネット銀行がついにネットの枠組みから一歩飛び出し、リアルチャネルにも進出するということになります。もちろんこれまでも限定的にはそうした取り組みがあったのだと思いますが、今回は店舗数が多いだけに本格的なチャレンジだと言えそうですね。

     メガバンクなどの既存銀行がネット専用金利を打ち出し、ネット銀行がリアルチャネルに本格進出するというこの流れはいよいよ既存銀行とネット銀行との垣根が限りなくあいまいになることを意味します。

     もちろん住宅ローンユーザーからすれば、魅力的な住宅ローンであれば、既存銀行であろうとネット銀行であろうとどちらでもよいわけで、このように選択肢が広がる流れというのは歓迎してよいことだと思います。

     ただし、気になるのは2点ですね。1つ目は、ネット銀行の住宅ローンの低金利はまさにそうしたリアルチャネルを持っていないことによって
    実現されてきたわけですが、逆にそうしたリアルチャネルの人件費をはじめとする固定費を応分に負担するとなると、同じような低金利を提供できなくなる可能性があります。

     つまり金利の面でも既存銀行とネット銀行との境目が薄れる可能性が出てくるわけですね。であればネット銀行のままでいいので低金利を維持してほしいと思うのは当方だけではないと思います。

     加えて2つ目は、SBIモーゲージが住信SBIネット銀行の住宅ローンを扱うという事実ですね。SBIモーゲージといえば「フラット35こそ正義!」として、全期間固定金利の住宅ローンの販売促進を社是としてきたわけですが、そこで変動金利が魅力の住信SBIネット銀行の住宅ローンを販売してしまうというのは大きな自己矛盾のように感じます。

     SBIモーゲージはすでにグループ外の会社に買収されていますので、買収先企業による合理的な判断なのか、逆に住信SBIネット銀行の住宅ローンをエサに集客しつつ、フラット35を販売しようとするしたたかな戦略なのかはわかりませんが、こうしたこれまでの対立関係が解消されて、シナジー効果を生むのかどうかも気になるところと言えます。

     いずれにしてもSBIグループのお手並み拝見というところでしょうか。ぜひ利用者にとってよりよい結果となることを期待したいと思います。

     参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP