住宅ローン金利比較/住宅ローン口コミ評判ランキング
@住宅ローン口コミ評判

■トップページ > 住宅ローン関連ニュース > 住宅ローン関連ニュース(詳細)

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら

住宅ローン関連ニュース

  • 2015/2/16
    [住宅ローンニュース]みずほ銀行の住宅ローン、ネット借り換えで金利優遇は魅力的?

     
    住宅ローン金利が全体的に大きく低下しています。その理由としては、もちろん市場金利の低下が一番大きいのですが、それに加えて金利低下圧力となっているのが各銀行の住宅ローン貸し出し競争ですね。

     成熟しつつある日本経済においては貸出がどんどん増える状況ではありません。一方で預金はどんどん増えていくわけで、銀行経営にとって喫緊の課題は貸出の強化ということになります。そうした銀行の経営環境が、激しい住宅ローン競争を生み出しているわけですね。

     加えて忘れてはいけないのはネット銀行の台頭です。特に住宅ローンビジネスにおいてはネット銀行の存在感が比較的大きいわけですが、もちろんネット銀行は店舗網を持たない分、コストが少なく有利な金利の提供が可能ですから、人気が出るのも当然かもしれません。

     そうした激しさを増す住宅ローン競争やネット銀行への対抗策として、みずほ銀行が打ち出してきたのが「ネット借り換え限定の金利優遇」ですね。2月16日現在の提供金利はこのようになっています。

     ・変動金利 : 0.975%〜0.675%
     ・10年固定金利 : 1.30%〜1.00%

     変動金利で0.675%、10年固定で1.00%なら確かに低いですね!

     とは言いつつ、みずほ銀行の住宅ローンは保証料がかかりますので、実質的なコストはこのようになってきます。

     ・変動金利 : 1.175%〜0.875%
     ・10年固定金利 : 1.50%〜1.20%

     つまり実質的な金利は年0.2%程度上昇してしまうわけです。

     加えて話がややこしいのが提示金利が○%〜○%とレンジになっているのですね。もちろんこれは審査結果によって変わりますよ、ということで、仮に条件が悪くても柔軟に対応するという意思表示とすれば前向きにとらえることもできますが、しかしこれでは正確に比較することができません。もしその中間値が最も多いとすれば実質金利はこのようになってくる計算です。

     ・変動金利 : 1.025%
     ・10年固定金利 : 1.35%

     この考え方が相応に正しいのだとすると、変動金利の実質コストは1%を超えてくるわけで、他のネット系銀行と比較すれば見劣りします。

     さらにこのみずほ銀行をはじめとする店舗系銀行の良さは何と言っても店舗できめ細かな相談や応対、柔軟な手続きが期待できる点ですね。しかしこの優遇金利はその名前の通りネット専用となってくるので、そうしたメリットは得られません。

     だとすると、やはり、より金利の安いネット系銀行の住宅ローンを利用した方がお得で早いと思うのですがいかがでしょうか?

     ただそうは言いつつ、このように住宅ローンの選択肢が広がっていくことは住宅ローンユーザーとしてありがたいですね。今後、ますます住宅ローンの総合的な魅力が高まっていくことを期待したいと思います。

     参考にしてみてください。

    >>>今月の住宅ローン金利ランキングはこちら

    >>>今月の住宅ローン金利推移・住宅ローン金利動向はこちら

    >>>住宅&住宅ローン関連ニュース一覧はこちら
  • >>>トップページはこちら

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP


引越し一括見積もり

PAGE TOP

最新の住宅ローン金利比較ランキングはこちら





PAGE TOP